水天宮

江戸鎮座二百年記念事業

平成30年、水天宮は
江戸鎮座200年を迎えました。



江戸鎮座200年記念奉祝祭

 水天宮が、文政元年に久留米藩江戸上屋敷に鎮座してから200年となりました。久留米藩有馬家の邸内社としてお祀りしていた頃から、身分の隔たりなく多くの江戸の町民に親しまれ、明治5年に現在の場所に遷座してからも、ますます信仰は深く、首都圏外、全国各地からの参拝者も増えていきました。そして平成28年には約3年間のご造替事業が竣工し、免震構造を備えた安全な神社へと生まれ変わりました。

 200年の長きにわたるその広大無辺のご神徳に感謝を込めて節目の年をお祝いし、平成30年5月3日に奉祝祭を斎行いたしました。



  • 準備(当日早朝)

    前日夜から不安定な空模様で、祭典開始前までしとしとと雨が降り続きました。神楽奉納の舞台が濡れてしまわないようにブルーシートがかけられています。

  • 参進(祭典開始 午前11時)

    想いが届いたようです。日差しこそないものの、定刻には雨が上がりました。予定されていた神楽は行うことに決まりました。

  • 国歌斉唱

    ソプラノ歌手髙野久美子様による国歌斉唱に続き、祭典が始まりました。

  • 修祓

  • 献饌

  • 祝詞

  • 玉串

  • 神楽奉納

    雲が散り青空が見えてきました。舞を照らすように陽が射してきます。
    晴姫様の和歌が元になった 神楽『 (あめ)()(むすび) は、一同が待ち望んでいた晴天の下、屋外の特設舞台にて華やかに奉納されました。
  • 舞楽奉納

    最後に 東京楽所(とうきょうがくそ) 様に舞楽『 青海波(せいがいは) をご奉納いただき、祭典をお納めしました。




江戸鎮座200年記念御朱印

 平成30年1月元日より、江戸鎮座200年記念御朱印を頒布しています。
(こちらは平成30年12月31日を以て頒布を終了しました。)



社殿および参集殿の御造替(ごぞうたい)

 江戸鎮座200年記念事業といたしまして、約三年をかけて社殿と参集殿の御造替を行いました。

平成28年4月より新しい社殿にて皆様をお迎えしております。

 神社建築様式の社殿と現代建築を取り入れた参集殿は、高度な意匠によって融和し、時代に即した神社へと一新しました。そして境内地一面には、最新技術の免震構造を取り入れると共に待合室の環境改善も行いました



境内末社の建立

 境内地の整備により、寶生辨財天様のご社殿も新しくなりました。また、平成29年11月には、仮宮移転時から本殿内にお祀りしておりましたお末社(火風神社・高尾神社・秋葉神社)を新しいお社にお移しすることができました。